農地転用許可が不要の場合


農地転用の許可が不要な場合とは

 以下の場合には農地転用の許可は必要ありません。

 

市街化区域の農地を転用する場合

→あらかじめ農業委員会に農地転用の届出が必要です。

200㎡(2a)未満の自己所有地の農地に、自らが使用する農業用施設を設置する場合

→農業委員会に確認届出(農業用施設証明)が必要です。

→転用地が農用地区域内にある場合は、届出前に用途区分の変更手続きが必要になる場合があります。

200㎡未満とは

200㎡(2a)未満とは、農業用施設の建築面積ではなく、建物を建築するために必要な土地の面積です。

非農地証明(現況確認証明)

各種届出手続きでお困りの際は行政書士佐藤陽介事務所にお任せ下さい

当事務所では各種届出手続きを完全代行致します!

ご相談・お見積りは完全無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

≫料金について詳しくはこちら

山形・天童で農地転用をお考えのお客様
山形・天童で農地の売買・貸借・贈与をお考えのお客様
山形・天童で農地山林を相続されたお客様
農地転用の基礎知識
農地の売買・貸借・贈与の基礎知識
農地・山林の相続の基礎知識
農業委員会の情報
農地法・農業・農政の用語解説集
おすすめコンテンツ
農地転用(農地法4条・5条)・農地法3条の許可申請書等の書式ダウンロード
取扱実績・手続実績一覧
将棋のまち山形天童の行政書士日記